最新のSSDノートパソコンと格安SSDノートやSSDの情報をくわしく説明しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSDノートパソコンを高速化速くするソフト



SSD革命/SpeedAdvanceは、システムドライブへの書き込みを
メモリー上に作成した領域に書き込むことでHDD、SSDノートパソコンの
高速化保護を行うソフトウェアです。
SSDの寿命を延ばすこともあります。

ハードディスクのアクセス時間を短縮したり、ハードディスク
より高速に読み書きするSSD(フラッシュドライブ)の 欠点もカバーします。

Hi-Garade版では、32bitOSでは利用不可能な約3.2GB以上のメモリ領域に一時ファイルを設定することを可能としました。


SSDを高速化させる設定はいたって簡単です。SSD革命/SpeedAdvanceの設定メニューはシンブルで、システムドライブの保護設定をはじめ、使用するメモリ領域はボタンで選択するだけの操作です。


体験版をご用意してあります。詳しくは下記Webページでご確認ください。



width="200"













プチフリバスター Duo drive Ver3


プチフリバスターは、Windowsのシステムディスクの性能を極限まで搾り出します。

プチフリバスターの使い方は簡単です。3つのスイッチを入れるだけです。
①メモリモード(キャッシュ)を選び、
②メモリ(キャッシュ)サイズを指定し、
③PCの電源投入後、作動開始する秒数を指定するだけです。
これだけで利用者のPCを高速化します。

ノートパソコンを高速化、速くなる理由
低速のディスクの前段にメインメモリから割り振った拡張ディスクキャッシュ
を配置します。
キャッシュ処理で済むアクセスはメインメモリの速度で、ディスクの数百倍の
速度で処理します。
これだけでは、ディスクの性能は向上しません。ダイナミックオプティマイザが
キャッシュとディスクを仲介しディスクの負担を1/10~1/50に軽減、
つまりディスクの速度を10~50倍高速化します。

構成 機能
導入構成
プチフリバスター(PFB:petite freeze buster)の最新版です。
最大2台のディスク装置を高速化。
特にネットブック&ノートPCの不足しがちな内蔵ディスクの補助用として、
SDHC/CF/フラッシュメモリを擬似HDD化、HDD以上に高速なディスク装置にします。

導入例 ネットブック&ノートPCの場合
軽量化により速度低下しがちなネットブック、 ノートPCの内蔵ディスクを
PFBは高速化します。
SSDノートパソコンで気になるプチフリも遮断します。ディスクのアクセスそのものを
最適化するのでSSD寿命そのものも伸ばします。












おすすめのOS
当サイトのおすすめは、Windows7となっております。Windows8は最新のOSですが、使い難く利用者の評価が低いので人気がありません。
Windows 10 アップグレード期間
Windows 10 2015年7月29日から1年間Windows7、8のパソコンなら無料でアップグレード出来ます。
windowsサポート終了日
XP 2014年4月8日

Vista 2017年4月11日

7 2020年1月14日

8 2023年1月10日


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。